Skip to content

水分不足は便秘の大敵、しっかり水分を摂れていますか?

現代人は水分不足の人が多い

便秘になってしまう原因の大きなものとして、まず水分不足が挙げられます。人間にとって水分は絶対に必要なものですが、現代人はその摂取量がかなり少ないと心配されているのをご存知でしょうか。水分というと、ジュースやコーヒーなども含まれると考えている人が多いですが、これらは水分の一種ではあるものの、便秘解消において必要だと認められる水分ではないのです。もちろんアルコールも同様になります。特にアルコールの場合、たくさん飲む人は水分量が足りているので便秘シないと考えている人がいるようですが、実際には逆で、アルコールは体内の水分をどんどん吸収してしまうので、ほかの面で体に必要な水分を足りなくしてしまいます。お酒をたくさん飲んだ次の日に便が硬かったり、便秘がちになるという人は飲み過ぎが原因です。そのほか、コーヒーや紅茶などカフェインの含まれている飲み物も、体に必要な水分だとはいえません。砂糖をたくさん使用している清涼飲料水も同様です。

1日に摂取するべき水分量は?

1日に摂取するべき水分量についてはいろいろな考え方がありますが、だいたい1.5L~2Lくらいが理想だといわれています。ただ、実際には食事から摂取する水分もカウントされるので、水を飲むなどといった方法で摂取する水分としては、1.2Lで十分のようです。ただし、これは便秘などの体調不良がない人の話になりますので、便秘に悩んでいる人はやはりそれ以上の水分を摂取し、腸にもしっかり水分が行き届くように摂取しなければばならないでしょう。それを考えると、やはり1.5L~2Lを実際に飲む水分として考えておいたほうがよさそうです。水分を摂取する際は、いっぺんにたくさん飲むのではなく、こまめに摂取することをおすすめします。一度に飲んでしまうと、その時不要な水分が尿として排出されてしまいますが、こまめに摂取することで体内に吸収されやすくなり、腸にもしっかり水分が届きます。

関連記事:便秘の原因を特定して、頑固な症状を改善しよう