Skip to content

野菜、足りてますか?野菜不足は便秘の大きな原因になります

野菜不足は便秘になる

多くの人に知られていることですが、野菜不足は確実に便秘を引き起こします。野菜不足になると食物繊維の摂取が不足してしまい、腸に老廃物が溜まりやすくなって、腸がしっかり機能せず、便を体外に排出する働きが弱ってしまうのです。このため、便秘の予防や解消には野菜の摂取が重要になるのですが、やはり現代人は絶対的に野菜の摂取量が不足しているといわれています。その大きな理由として考えられるのが、現代人の食生活です。最近は安価な外食店やファーストフードなどが充実しているので、一人暮らしの人は自炊をするよりも毎日外食をするほうが食費が安いくらいだといわれています。片付けも必要がないので楽なのは分かるのですが、どうしても外食やファーストフードは野菜が足りないので野菜不足になりやすいです。さらに、外食で添えてある野菜は栄養がしっかり入っていないので、食べても体の栄養にはつながらないといわれています。

食物繊維を摂取する際は

こうしたことから、普段外食に偏りがちな人でも、できるだけ新鮮な野菜を購入して食べる習慣をつけていただきたいものです。サラダにして生で食べるのもよいですし、さっと火を通すとかさが減って量をしっかり食べることができますので、ゆで野菜などはヘルシーでおすすめですね。食物繊維がたっぷり入っている野菜なら、さらに便秘解消に効果的です。ただし、ここで気をつけたいのが野菜を摂取する上でのポイント。野菜、特に食物繊維が豊富な野菜を食べるときは、一緒に水などの水分をしっかり摂るように気をつけてください。食物繊維は水分と一緒に摂らないと腸に詰まってしまい、便秘をさらに悪化させてしまいます。ここでも水分の補給はとても大事だということがよくわかりますね。ぜひ水分はミネラルウォーターやノンカフェインのお茶など、糖分やカフェイン、アルコールが含まれていないものを取り入れることをおすすめします。

一緒に読まれる記事 水分不足は便秘の大敵、しっかり水分を摂れていますか?